3月の新車見積もりランキング

オートックワンが発表した3月の新車見積依頼ランキングによると、ホンダのハイブリッドカー『インサイト』が前月に続いてトップでした。

インサイトの見積依頼件数は7565件で、2位のホンダの『フィット』の4557件と比べてダブルスコア近くになったそうです。
 
3位は前月5位だったトヨタの『プリウス』で、インサイトの引っ張られるかっこうで順位を上げた。4位は前月3位だったホンダの『フリード』、5位がトヨタの『エスティマ』だった。
 
6位は前月7位だったトヨタの『ヴィッツ』。7位はダイハツの『タントカスタム』、8位のスズキの『ワゴンRスティングレー』はともに2ランクアップで軽自動車も健闘している。9位は前月6位だったトヨタの『ヴォクシー』、10位が前月8位だったトヨタの『ヴェルファイア』でミニバンは下降気味だそうだ。


新車を購入する余裕のある?方も、地方で生活には車が必需品の方も一時期のミニバン人気から、ハイブリッドカーや軽四へとシフトしているようですね…

ガソリン高騰と世界的な不景気のダブルパンチですので、致し方ない状況というところでしょうか…

プリウスも発売1週間で10万台を超える受注で納車は半年くらいかかるそうですね、どうも今の車の売れ方は、過激ですね。

ハイブリッド車が普及することは地球環境にもいいことだと思いますが、車好きにはちょっとさびしい時代ですね…

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。