ダイハツタントとは?

タントとはイタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味。その言葉通りかなりタントカスタムも広くての使いやすい軽ワゴンで人気です。タントカスタムは2005年6月に追加発売されたダイハツの軽自動車のトールワゴンtantoの派生車種。同年11月には専用デザインのアルミホイール、キーフリーシステム、専用シート表皮などを採用した「タントカスタムVS」も登場した。 ディスチャージ式ヘッドライトなどを装備した「走り」を予感させるそぽーティーな外観が男性はもちろん、若い女性にも人気です。 エンジンは58馬力の自然吸気エンジンと64馬力のターボ付きエンジンがあります。2007年に2代目となり、上級車種にはCVTの採用や助手席側センターピラーレスとなり乗降性も大幅に改善された。2代目となったタントカスタムには虹色発行塗料を使用した3色が用意されている。tanto(タント)の主な特徴は、発売当初に軽最長の2440mmロングホイールベースで広い室内、ガングリップ式のAT、センターメータなどで乗り心地とかっこ良さ、使い勝手を重視した車作りが人気の秘密です

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。